大阪のバイク屋 − 外車・国産|ティスオートサービス

ベータ・BATE

ベータ・BETA  

イタリア製Betamotor社バイク

メーカーサイトはこちら

PR 2T

RR2T 250/300

250/300モデルの特長
RR2T250:扱いやすいエンジン特性と素直な操縦性でバランスの良さが特徴的。トップ・オブ・ザ・レンジ・モデルよりもわずかに少ないパワーとトルクで、穏やかな2ストローク・バイクをお探しの方にも最適です。
RR2T300:どんな回転数でも優れたトルクを持つ大排気量エンジンを好む人向け。滑らかで速く、ハードエンデューロからクロスカントリーまで乗って楽しむ人に最適なバイクです。


2019 RR2T250/300モデルの新機能

エンジン
Newエンジンコントロールユニット(ECU):高回転時に強力なスパークを発生し、燃焼効率とエンジン性能が向上。
Newスレーブシリンダー:ピストン径を拡大し、ソフトかつコントローラブルなクラッチレバーフィーリングとなりました。
New排気バルブ(300ccONLY):非常にリニアな出力とパワー及びトルクが向上しました。エクストリームな条件下でも扱いやすい高出力エンジンはライダーを助けます。
BPVユニットコントラストスプリングキット(300ccONLY):スプリングをセレクトすることでライダーニーズに合わせたマシンキャラクターターに対応可能。
Newエキゾーストチャンバー:全回転域でのパワーフィーリングが向上。ARROW製。

シャーシ
Newフロントフォーク:新しいZF Sach48mmフロントフォークは新たなアジャストシステムを備え、フォークトップキャップにはコンプレッション及びリバウンドアジャスターに加え、スプリングプレロードアジャスターを装備。これらの調整は工具を必要としません。また、新しいパッキンシステムによりスタビリティが向上し、フリクションを低減し耐久性を高める特殊なアルマイトを備えたスライダーを新採用しました。
Newフロントフォークエンド:新デザインとなり、高剛性かつ軽量化を達成しました。
Newフォークガード:フォークエンドと一体感のある新デザインとなり、インナーチューブ内側へ回り込む形状に変更されました。ダメージ回避と実用性を両立しています。
NewZF Sachsリアショック:コンパクトな46mmピストンを採用し、約300gの軽量化を達成。新しいピストンはオイル温度の変化に対しても安定した動作を実現しています。小さくなったアッパーベースとリザーバタンクはシステムを合理化し、重量を最小限に抑えるように再設計されました。スプリングも新設計され軽量化に寄与しています。

NewグラフィックMY’19

希望小売価格
RR2T250MY’19 1,020,000円(税別)
RR2T300MY’19 1,050,000円(税別)


X-trainer300

RR 2T 125

125モデルの特長 RR2T125:Beta
RR2Tシリーズの中で最も小さい排気量の125は軽量で扱いやすいマシンです。EUマーケットにおいて2ストローク125ccクラスは純粋なレーシングモデルとして、若いライダーを育てるカテゴリとして確立しています。また、ピュアで軽量な車体はライディングの楽しさを求めるライダーにも最適です。


2019 RR2T125モデルの新機能

エンジン
Newエンジンコントロールユニット(ECU):高回転時に強力なスパークを発生し、燃焼効率とエンジン性能が向上。Newスレーブシリンダー:ピストン径を拡大し、ソフトかつコントローラブルなクラッチレバーフィーリングとなりました。
Newエキゾーストチャンバー:全回転域でのパワーフィーリングが向上。ARROW製。

シャーシ
Newフロントフォーク:新しいZF Sach48mmフロントフォークは新たなアジャストシステムを備え、フォークトップキャップにはコンプレッションリバウンドアジャスターに加え、スプリングプレロードアジャスターを装備。これらの調整は工具を必要としません。また、新しいパッキンシステムによりスタビリティが向上し、フリクションを低減し耐久性を高める特殊なアルマイトを備えたスライダーを新採用しました。
Newフロントフォークエンド:新デザインとなり、高剛性かつ軽量化を達成しました。
Newフォークガード:フォークエンドと一体感のある新デザインとなり、インナーチューブ内側へ回り込む形状に変更されました。ダメージ回避と実用性を両立しています。
NewZF Sachsリアショック:コンパクトな46mmピストンを採用し、約300gの軽量化を達成。新しいピストンはオイル温度の変化に対しても安定した動作を実現しています。小さくなったアッパーベースとリザーバタンクはシステムを合理化し、重量を最小限に抑えるように再設計されました。スプリングも新設計され軽量化に寄与しています。

NewグラフィックMY’19
希望小売価格
RR 2T 125 MY’19 980,000円(税別)

PR Enduro 50 Factory

X-Trainer(クロストレイナー)250/300

2019X-Traiberの新機能

エンジン
アップデートされたRR2Tのエンジンをベースに、BPV(ベータプログレッシブバルブ)の再設定、専用エキゾーストパイプ、専用サイレンサーを採用し低回転域から扱いやすいエンジンフィーリングとしています。

オイルインジェクションシステムを装備。
ユーザーは混合ガソリンのプレミックス作業から解放され、給油も容易になりました。
システムは、エンジンの回転数とTPS(スロットルポジションシステム)によって負荷を測定し、ECUの制御により使用状況に応じた最適なエンジンオイルのミックスを実現しています。
これにより従来のプレミックス2ストロークに比べてエキゾーストスモークが50%減少します。

シャーシ
低いシート高と低重心化を実現する為に、専用設計のデルタボックスフレーム採用しました。
X-Trainerのキャラクターにマッチした専用リアショックと43ミリフロントフォークは、アジャスタブル機能を持ち、あらゆるライダーに要求に答えることが可能です。
また、RRモデルよりも20?低いシート高とわずか98kgという軽量な車体はあらゆるシーンでライダーを助けます。

希望小売価格
X-Trainer 250 MY’19 860,000円(税別)
X-Trainer 300 MY’19 880,000円(税別)
PR Enduro 50 Factory

RR 4T 350/430/480

RR4T各排気量モデルの特長
350:非常にリニアな出力を提供しながら、250ccクラス並みの軽快感で高回転のライディングに有利です。4ストロークモデルの中で最も扱いやすいマシン。
430:コンペティションマシンとしてパワーとウェイトのベストバランスを追求し、アクティブなライディングフィールが特徴的なマシン。
480:長いギアリングと優れたトルク特性を発揮したときに最高の性能を発揮する高性能エンジンを搭載する最大排気量マシン。
2019 RR4T350/430/480モデルの新機能

エンジン
Newスロットルホルダー:微妙なスロットルワークに対するエンジンレスポンスを改善するために、Beta専用にDominoによって設計されました。
Newエンジンマップ:全排気量ごとに再設定され、新しいスロットルによるコントロールに優れた応答性を示します。
Newスレーブシリンダー:ピストン径を拡大し、ソフトかつコントローラブルなクラッチレバーフィーリングとなりました。

シャーシ
Newフロントフォーク:新しいZF Sach48mmフロントフォークは新たなアジャストシステムを備え、フォークトップキャップにはコンプレッション及びリバウンドアジャスターに加え、スプリングプレロードアジャスターを装備。これらの調整は工具を必要としません。
また、新しいパッキンシステムによりスタビリティが向上し、フリクションを低減し耐久性を高める特殊なアルマイトを備えたスライダーを新採用しました。
Newフロントフォークエンド:新デザインとなり、高剛性かつ軽量化を達成しました。
Newフォークガード:フォークエンドと一体感のある新デザインとなり、インナーチューブ内側へ回り込む形状に変更されました。ダメージ回避と実用性を両立しています。
NewZF Sachsリアショック:コンパクトな46mmピストンを採用し、約300gの軽量化を達成。新しいピストンはオイル温度の変化に対しても安定した動作を実現しています。小さくなったアッパーベースとリザーバタンクはシステムを合理化し、重量を最小限に抑えるように再設計されました。スプリングも新設計され軽量化に寄与しています。
NewグラフィックMY’19

希望小売価格
RR4T 350 MY’19 1,180,000円(税別)
RR4T 430 MY’19 1,220,000円(税別)
RR4T 480 MY’19 1,240,000円(税別)


RE4T 125

RE4T 125

は冷4スト125CCエンジンを搭載したデュアルパーパスモデル。

YAMAHA製エンジンはセル/キック併用で始動も容易。フロント21インチ、リア18インチのON/OFF兼用タイヤを装着。リアキャリアを標準装備。




ホームページの製作はお任せ下さい。